昨今、若い女性から年配の女性まで幅広い世代に注目されているのが逆立ちダイエットです。
これは、その名のとおり、一日に2回、逆立ちを一分くらい行うだけのダイエット方法です。

逆立ちをするだけで痩せられる理由は、内臓が正しい位置に戻ることで代謝を活性化できるからです。
そもそも人間の内臓は、重力のせいで年をとるごとに少しずつ下がっていきます。
また、骨の歪みなどの影響でも内臓は下がってしまいます。
正しい位置に内臓がないと、次第に働きが鈍くなって代謝が滞ってしまいます。
その結果、脂肪が付着しやすくなり、太りやすくなるというわけです。

そこで、意識的に逆立ちを行うことで、徐々に内臓を正しい位置に戻すことができます。
すると、血行やリンパの流れが良くなることから代謝が活性化して、痩せやすい体質になれるというわけです。
また、逆立ちをすることで、日常ではあまり使わない筋肉を鍛えることが可能となります。
その結果、脂肪を燃焼しやすい体になるので、基礎代謝がアップしてダイエット効果を得ることができます。

それと、逆立ちダイエットには女性の多くが悩みがちな便秘を解消する効果もあります。
というのも、逆立ちをすることで、重力の影響で小腸や大腸に刺激を加えることができるからです。
その結果、腸の働きが活性化されるので、腸内に溜まった便がスムーズに排出されていきます。
便秘は体の代謝を滞らせる作用があるので、解消することでより痩せやすくなります。

また、逆立ちは、肉体的な効果だけではなく、精神にも良い作用をもたらします。
というのも、副腎への血行が促されることでエンドルフィンという神経伝達物質が脳から活発に分泌されるからです。
この物質は幸せな気分をもたらす作用があるので、ダイエットにありがちなストレスを解消できます。

ただ運動が苦手で逆立ちができないと心配される方は多いです。
その場合は、3点倒立が最適です。
これは、両腕と頭の3箇所で体を支える逆立ちのことです。
最初は壁にもたれかかるスタイルで行い、慣れてきたら自力で倒立を行うと良いです。
1日1、2回を目安に、1回につき1分程度逆立ちをキープするようにします。
そして、3点倒立をしながら深呼吸をすることで、不自然な位置にある内臓がスムーズに本来の位置に戻ります。

女性には嬉しいバストアップ効果もある

逆立ちダイエットは、内臓を元の位置に戻すことで痩身効果を得られます。
実は、それ以外にもバストアップ効果があるとも言われています。

そもそも内臓と同じように、バストも年を経るごとにだんだんと垂れ下がっていきます。
バストが小さくなる主な要因は、大胸筋の衰え、バストへの血行不良、重力によるたるみなどが挙げられます。
そこで、逆立ちをすることで、上半身への血行を促進する効果があります。
その結果、バストの成長に必要な栄養が行き渡りやすくなるので、バストアップに繋がるというわけです。

また、毎日、継続して逆立ちを行うことで、自然とバストアップした姿勢を保つことになります。
そのため、重力によるバストのたるみを防ぐことができるのです。
さらに、逆立ちを行う際は、腕の筋肉や上半身の筋肉を使って体のバランスを保つことになります。
そのため、衰えていた大胸筋を自然に鍛えられることから、バストアップを図ることができるというわけです。

ただバストアップ目的で逆立ちを行う際は、注意点があります。
それは、ひじを絶対に曲げないことです。
ひじを曲げてしまうと、体重をしっかりと上半身で支えられないので、大胸筋を鍛えられなくなります。
バストアップの効果が全くないので、必ずひじをきちんと伸ばした姿勢を維持する必要があります。

それと、長時間逆立ちをやりすぎることも厳禁です。
というのも、長時間やり過ぎると、脳に血液が行き過ぎてめまいを引き起こす恐れがあるからです。
慣れていない最初のうちは10秒から30秒、そして慣れたら長くても3分以内に留めることが大事です。

逆立ちダイエットは、お金もかからず、場所も取らず、時間もそれほどかからないです。
通常のダイエットではお金、手間、時間がかかるので、とても画期的な痩身方法といえます。
これまで頑張ってダイエットをしてきたのに痩せないという方は、ぜひ試してみると良いです。